読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーケンとおでんのための元町ガイド

2017年4月9日にオーケンがやってくるのがうれしくて作成している元町案内です。

猫猫猫猫、犬・・・じゃなくて梟梟梟梟

きっとオーケン好きには猫好きが多いだろうという勝手な思い込みから、今回は猫カフェをご紹介します。

f:id:naminonamimatsu:20161007182159j:plain

まずは、元町で猫カフェといえばここ、Nyanny(ニャニー)。

猫カフェ cat cafe nyanny – 神戸・元町駅から徒歩2分


猫さんたちの毛並みがよくって、みんな大事にされてるのがよくわかります。

f:id:naminonamimatsu:20161007182212j:plain

セールスポイントは肉球ロード。
透明な板があって、下から猫の肉球が見えるんです。
おおこれは、ルパン三世の魔術師と呼ばれた男!

f:id:naminonamimatsu:20161007182318j:plain

ここでは猫の抱っこは禁止です。
でも、なでなでするだけで充分癒される~。

f:id:naminonamimatsu:20161007182543j:plain

それに、「猫のおやつ」を購入すると、猫にエサをあげることができます。
怖いくらいめっちゃモテモテ!

f:id:naminonamimatsu:20161007182623j:plain


さて、去年、元町商店街内に新しい猫カフェがオープンしました。

f:id:naminonamimatsu:20161007182855j:plain

商店街アーケードをずーっと西に歩いたところにある猫カフェ、猫まみれ。

www2.hp-ez.com

店名どおり、猫がいっぱいでまみれる~ぅ!

f:id:naminonamimatsu:20161007183025j:plain

ここはNyannyと逆で、抱っこはOKだけど、おやつはなし。
お店によって方針がいろいろあるんですね~。

f:id:naminonamimatsu:20161007183105j:plain

どちらも、料金は1時間平日1,000円、土日1,200円。

f:id:naminonamimatsu:20161007183139j:plain


加えて、元町商店街には猫カフェだけじゃなく、フクロウカフェもあります。

f:id:naminonamimatsu:20161007223532j:plain

元町商店街内にあるのが、ふくろうの家族。

fukurounokazoku.com

フクロウやミミズクたちとふれあえるお店です。

f:id:naminonamimatsu:20161010163259j:plain

指2本でそーっとなでるのは許可されています。

f:id:naminonamimatsu:20161007223153j:plain

小さいフクロウやミミズクはとーってもキュート!

f:id:naminonamimatsu:20161007223300j:plain

でも、大きい鳥はちょっと怖いかも。

f:id:naminonamimatsu:20161007223404j:plain

実はここ以外にももう一軒、元町にフクロウカフェがあって、南京町の南に「ビビ&ジョージ」というお店もあります。
残念ながらまだ私は行ったことがないので、お名前だけ記しておきますね。

kobefukuroucafe.com


私はかつて、猫カフェは、人間の欲望で猫をナデナデする、動物のキャバクラ、猫の風俗店だと思って好ましくなかったんですが、実際行ってみたら考えが変わりました。
これは猫たちのAKB化現象、逢いに行けるアイドルなんですよね~。
猫カフェ、フクロウカフェに行ったことがない方は、私みたいに石頭で否定せず、どうぞぜひ、一度行ってみてください。