読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーケンとおでんのための元町ガイド

2017年4月9日に大槻ケンヂさんが神戸へやってくるのがうれしくて作成している元町案内です。

元町には、ちんき堂がある。

私にとって神戸元町という街を誇らしく思う理由は、「ちんき堂が元町にあるから」という点につきます。

chinkido.com


ちんき堂というのは、元町穴門商店街にある古本屋さんで、店主は『猟盤日記』などの著作で知られる戸川昌士さん。

猟盤日記

猟盤日記

東のタコシェ、西のちんき堂、と並び称されるサブカル本屋さんなのです。(称しているのは私ですが。)
ちんき堂の「ちんき」は漢字で書けば「珍奇」。
神戸古書界のヴァンダーカマーというわけ。

f:id:naminonamimatsu:20161010162418j:plain

ちんき堂は裸のおじさんの看板が目印ですが、これはヘタウマの帝王、キングテリーこと湯村輝彦画伯によるもの。
ちんき堂の宣伝用ポストカードなども全部湯村画伯のイラストです。

戸川さんが書く文章も面白いのですが、お人柄が大変すばらしく、知識の広さと深さ、センスの良さ、何をとっても脱帽します。
店にお邪魔してお話を伺っていると、やっぱりプロの目利きは違う、と思うことばかり。

ヘタウマの流れで言うと、戸川さんは特殊漫画根本敬先生とも交流があって、根本先生の作品もよくちんき堂で売られています。
一度、戸川さんと根本先生がジャケットを描かれた空手バカボンの『孤島の檻』の話になりました。

孤島の檻

孤島の檻

「私、ナゴムソノシートは全然持ってなくて、『孤島の檻』のソノシートが欲しいんです」
と言う私に、
「あれはソノシートちゃうで、EPやったと思うけど」
と即答の戸川さん。
「昔はよう出てたんやけどな。最近出てないな」
とも。
なんちゅう知識の深さ!

そして、
「あの原画が欲しいんやけど、根本にきいたら、誰かにやってもて今どこにあるかわからんのやて」
と、私とはレベルが違うウォント!
さすが戸川さんです。

ちなみに、ちんき堂のWebサイトはちょっと古いようなので、最新ニュースはブログ「ちんき堂ニュース」からどうぞ。

ちんき堂ニュース



そのちんき堂のお弟子さん筋と言われる古本屋さんがトンカ書店

f:id:naminonamimatsu:20161010162955j:plain

女性の店主らしい、可愛らしいお店です。

[神戸]ザックバランな古本屋・トンカ書店


トアウエストにあるので、Bo Tambourine Cafe からはこちらのほうが近いかもしれませんね。


ほか、元町高架下にはいくつか古本屋さんがありますが、ここは!ということはなく、ほかに元町で特筆すべきサブカル系古本屋さんといえば、レトロ倶楽部くらいでしょうか。

レトロ倶楽部 神戸・元町 よんどく


ずいぶん昔ですが、ミュージシャンで作家の中原昌也さんが神戸に来られた際、元町の古本屋さん・中古CD屋さんにご案内したことがあるんです。
何軒か回った中でも、レトロ倶楽部での買い物が一番多かったと記憶しています。

というわけで、サブカル者の触角が動く代表的な古本屋さんをご紹介しました。
とはいえ、古本や中古レコードというのは、足で動いて数を当たって掘ってなんぼ。
コレクターの業は深いですから。