オーケンとおでんのための元町ガイド

2017年10月21日に大槻ケンヂさんが神戸へやってくるのがうれしくて作成している元町案内です。

野菜たっぷりのカフェ

まずは夢の話でごめんなさい

 

先日、こんな夢を見ました。

 

京都の錦市場で、オーケンさんを見かける。

ウナギの寝床のような細長いお店のカウンターにちょこんと座っておられるのを見て、

「大槻さん、そこは豆腐屋ですよ!ヨガ道場ではありませんよ!」

と声をかける私。

「ええっ!?豆腐屋!?」

と可愛らしく驚いているオーケンさんに、

「ヨガ道場までご案内します。ご一緒してもかまいませんか?」

と勇気を振り絞ってお誘いする私。

そこはヨガ道場というより町家カフェで、まるでおばあちゃんちのようだ(ていうよりまさに死んだ祖母の家!)。

畳の部屋に座って二人で精進料理の定食を食べる。

豆苗が山盛りに入ったサラダボウルが運ばれてくる。

「何ですかこれは」

と驚く私に、

「知らないの? これがここの食事療法ヨガだよ」

と、オーケンさんは慣れた手つきで、熱々の醤油出汁を豆苗に回しかけ、しなっとなったところをムシャムシャ召し上がる。

ふと気づくと、オーケンさんの髪が黒い。

「髪が…」

「そうそう、これを食べると黒くなるの。ライブのときはわざと白く染めてるの」

「ええっ!? そうなんですかッ!? 知らなかったです…」

私も豆苗ばかりをムシャムシャ食べながら、

「大槻さんとご飯を食べてるなんて、夢みたいです。もう明日死んでもいいです。いえ、幸せすぎて死にます。きっと死にます」

と言っている。

 

こんな夢でした。

なぜ京都!? なぜヨガ道場!? なぜ豆苗!?

謎は多いですが、目覚めてからもうれしくて、しばらく反芻していました。

 

にしても、夢で「夢みたい」とか言ってるってどうよ?

死ななくてよかった。

銀髪ファンとしては、黒髪も夢でホッとしたぁ…。

 

というわけで、野菜たっぷりのカフェ

 

前置きが長くなりましたが、そんな夢を見たので、元町周辺のヘルシーで比較的新しいお店をご紹介することにしました。

 

Bo Tambourine Cafeから一番近いのは、鯉川筋にあるCafé Clotho(クロト)。

 

f:id:naminonamimatsu:20171008142002j:plain

 

できたときはもっと無農薬野菜を前に出していたんですけど、最近はセミナーやイベントごとをフィーチャーしているかんじ。

でも、食材についてのスタンスは変わらないと思います。

 

そして、完全VEGANのお店、Thallo(タロ)。

ここは徹底した菜食主義のお店で、遺伝子組み換え食品やアミノ酸添加物も使わないポリシーを貫いているそうです。

f:id:naminonamimatsu:20171008142251j:plain

お客さんにはけっこう外国人も多いです。宗教上食べ物の制限がありそうな人とか、ベジタリアンな意識高い系欧米人とか。

f:id:naminonamimatsu:20171008142335j:plain

 この日食べたのは玄米バーガーのランチでした。

f:id:naminonamimatsu:20171008142419j:plain

 

 

私が一番お気に入りなのは、YIDAKI CAFÉ(イダキカフェ)。

f:id:naminonamimatsu:20171008142511j:plain

お店の雰囲気も明るくて、解放感があります。

f:id:naminonamimatsu:20171008142551j:plain

 

お肉やお魚を使ってなくても味がしっかりしていて美味しいです。

f:id:naminonamimatsu:20171008142635j:plain

YIDAKI CAFE

 

 

ほかにも、Modernark Pharm Café(モダナークファームカフェ)とかcafeあげは、なんてのもありますね。

modernark-cafe.chronicle.co.jp

モダナークはトアウエストにあるから、Bo Tambourine Cafeからも近いです。

cafe-ageha.jp 

 

こうやってヘルシーなカフェを並べてみると、共通点を発見。

 

あげは以外、どの店名も読み仮名をつけないと読めない!!

(そういえば、長い間私はモダナークを何て読むのかわからなかったんだよね。ロゴがまた、めっちゃわかりにくい字体なんだよぅ。)

 

夢で私が行った京都の町家カフェは、なんて名前だったんでしょうか。

やっぱり読めない名前だったりするんでしょうねぇ。